IT技術者ジャンルの細分化 女性の参入も今や常識!エンジニアの種類を考える

今後も細分化されていくエンジニアの種類

エンジニアと一口に言っても、その種類は様々です。Web系に力を入れている人もいれば、ネットワーク系に強みを発揮する人もいます。他にもデータベースやCGなど、専門分野は細分化されているのが現状です。今後はさらに細分化が進んでいくものと考えられています。これは、IT業界の専門性の高さゆえの現象です。人は誰しも体が一つしかありませんし、一日に使える時間も決まっています。そのため、基本的に何か一つのことしかマスターはできないのです。

CGを専門としている人は、一日のほとんどの時間をCGの勉強に費やしています。そういった人が、たとえばWebプログラミングに精通していることはまずありません。よほどの天才以外は、同じIT業界にいると言ってもできることは限られているのです。たった一つのことを突き詰めて行けるのがIT業界の魅力ですが、潰しは確かに効きにくいです。同じIT業界だと言っても、急に別種のエンジニアに転身することはなかなか難しいです。そうなるためには、また数年単位の時間がかかってしまいます。

自分がどの道に進むのかは、学生時代からしっかりと考えておかなければなりません。そのジャンルの将来性や、自分自身の適性も考慮に入れて、後悔しないように進路を決めていく必要があります。今後、新しい技術が開発されてそこに人材が流入すると、また新しいエンジニアの種類が増えていくため、進路で悩むことは多くなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です