IT技術者ジャンルの細分化 女性の参入も今や常識!エンジニアの種類を考える

エンジニアの各種類に要求される心構え

仕事ができるエンジニアといっても、そのタイプには様々な種類があります。一つの専門分野に秀でた技術者がいる一方で、幅広い技術を持ち多様な状況に対応できる技術者も存在します。情報技術の分野で仕事を始める技術者も、どのようなタイプの技術者になるのかある程度目標を定めておいて損はありません。専門タイプのエンジニアは、一つの分野を追求し専門技術を磨く道を進むことになります。

そこで問題となるのは、スキルアップが上手くいかず他の分野に目移りしがちな点です。注意力散漫では専門技術を極めるのは難しく専門分野を極められません。一つの目標を決めたなら、その意志を貫く心構えを持つことが重要です。

一方で幅広い技術を持つエンジニアの場合、常に新しい情報を手に入れるためのアンテナを持つ必要があります。幅広い分野の技術力をカバーするには普段からの情報収集が必要になります。特にIT業界は流行の変化が激しい特徴があり、古い技術はすぐに陳腐化してしまう傾向が強いです。新しい技術に関する幅広い情報を常に手に入れ、必要であれば習得する心構えを持つ事が求められます。

専門分野一筋で貫くかあるいは幅広い技術分野をカバーできる技術者の種類を選ぶかは、自身がどちらのスタイルに合っているかを分析してからでも遅くはありません。もし適性を見極める事が難しければ、適性判断のテストで見極めたり業界を熟知している先輩技術者に相談するという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です